平熱

Posted on

演奏会やライブなどのおこなわれる会場やクラブなどに設置された特大スピーカーのすぐ横で爆音を浴びて難聴になる症状を「急性音響性難聴」と呼ぶことをご存知でしょうか?
過飲過食、体重過量、運動不足、遺伝、精神的なストレス、加齢など様々な誘因が集合すると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが衰えたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症します。
ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れているのです。
スギの花粉が飛ぶ頃に、子どもが体温は平熱なのに頻繁にクシャミしたり鼻水が止む気配をみせないケースは、その子は『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
バイキンやウィルスなどの病気を生む微生物、即ち病原体が口から肺の中に入り込んで感染した結果、肺全体が炎症反応を見せている有様を「肺炎」と称しています。
めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状を何回も発症するケースのことを「蝸牛型メニエール(メニエール氏)病」と診断することも多いようです。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科処置では大体「大動脈内バルーンパンピング法」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術」という2つの異なる手術が頻繁に用いられています。
お薬やアルコール、合成された食品添加物等の成分を分解し、無毒化する作用の事を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓の果たす大切な職務のひとつだということは間違いありません。
毎日のように横向きの状態でテレビを視聴していたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日のように履いたりといった習慣は体の左右の均衡を崩してしまう元凶になります。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが停止し、必要な酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞そのものが死んでしまう恐ろしい病気です。
グラスファイバー製ギプスは、非常に強くて軽いのに長く使うことができ、雨などで濡れても使い続けられるという長所があり、今の日本のギプスの第一選択肢だと言っても過言ではありません。
吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺に達している気道からの出血であり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血することを指しているのです。
AED(Automated External Defibrillator)は医療従事者ではない人でも取り扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順に応じて対応することで、心臓が細かく震える心室細動に対する治療の効果を実現します。
HIV、つまりエイズウイルスを保有している精液や血液の他、女性の腟分泌液、母乳等のあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に接触すれば、HIV感染の可能性が高くなってくるのです。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを補助する特長が知られており、血液中のCa濃度を操作して、筋繊維の働きを適切に調整したり、骨を生成したりしてくれます