当事者

Posted on

ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、そんな暮らしのスタイルが結果的に栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えを齎すことは、多くの医療従事者が問題視されていることなのです。
グラスファイバー製ギプスは、非常に強くて軽量で着け心地が良い上にとても長持ちし、雨などで濡らしてしまっても破損しないというメリットがあるため、現在の日本のギプスの第一選択肢と言っても過言ではありません。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者しか聞こえないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者と他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
昨今、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗う免疫力を保有しない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることなどが原因の集団感染及び院内感染が増加しているようです。
ちょっとした捻挫だと決め込んでしまい、包帯やテーピングテープで一応患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませたら素早く整形外科の医師に診察してもらうことが、完治への近道となります。
内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、高血糖のうち2個か3個すべてに該当するような事例を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
一見すると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」ものとされていますが、実の所、私達は色々なストレスを感知しているからこそ、活動していくことに耐えられます。
結核への対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に拠って進行されてきましたが、平成19年から他の数ある感染症と同じように「感染症新法」という法律に基づいて実行されることが決まりました。
体重過多に陥っている肥満はあくまで食事の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、一緒の量のごはんだったとしても、慌てて食べ終わる早食いを続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。
普通では骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の同じエリアに複数回繰り返しひっきりなしにかかってしまうことによって、骨折へとつながることもあります。
HIV、つまりエイズウイルスを保有する精液や血液、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口に触れることで、HIV感染の可能性があります。
30〜39才までの間に更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気にあてはまります(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまうケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と称します)。
クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギー源である花粉の飛び散っている量に追従して酷くなるという傾向があるようです。
大多数の人に水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足の裏や指の間にできる皮膚病だという認識が定着していますが、白癬菌がうつるのは決して足だけではなく、人の体ならどこにでもかかるという可能性があるのです。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊するなど、肌に良くない影響を与えるのです。