信用格付機関

Posted on

巷で言う「失われた10年」とは本来、一つの国全体であったりひとつの地域における経済が約10年程度以上の長期間に及ぶ不況そして停滞にぼろぼろにされた10年を語るときに使う語である。

【解説】金融機関の能力格付けとは→信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関を含め国債・社債などの発行元などに関する、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価するものである。

難しそうだが、外貨MMFの内容⇒日本国内でも売買してもよいとされている外貨建て商品のひとつのことである。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りがよく、為替変動の利益が非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で購入する。

つまり安定という面で魅力的というだけではなく精力的な新しい金融に関するシステムの構築を実現させるためには、銀行など民間金融機関と政府がお互いの抱える解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければだめだ。

タンス預金の弱点⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分だけその価値が下がることになる。すぐには暮らしに準備しておく必要のない資金⇒安全なうえ金利が付く商品にお金を移した方がよい。