光回線に

Posted on

関東地方限定でスタートしたKDDIの光回線、auひかりですが、最近は日本全国にサービス地域を拡大中です。

NTTのフレッツ光だけしか回線の選択ができなかった地方でも制限されずにauひかりでインターネットを楽しめます。
お得な話で、利用中の回線を光回線に変えていただくと、実際に使っているNTTが提供する家庭電話に関しては基本使用料”だけでも1785円”も請求されているんですよね。だけど光電話に変わったらびっくりの525円で

多くのプロバイダーに対応している「auひかり」は特徴として、他社のインターネット回線よりもスピードがかなり速く、月額費用も設定によってけっこう有 利になることも多くて注目されています。さらに申し込み時には現金払い戻しと魅力ある多くの豪華景品までもらえちゃう他社には無理なキャンペーンも開催さ れます。

つまり回線とは光を利用するフレッツ光で使われる「光ファイバー」や、旧方式のADSLなら「電話線」などでして、要は利用者の住まいの中のパソコンとインターネットをすることが出来る環境を接続する役割を持った管とかパイプと思っていただくといいでしょう。

次世代ネットワークが使われているNTTの光ネクストを使って、数年以内に様々な新技術が現実のものになるようで、具体的なものではもっている携帯端末な どから我が家のセキュリティに関する管理であるとか照明とか電気器具の電源スイッチのON/OFFをするといったことまで可能になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です