グリーン車

Posted on

そして、座席車(普通席)には運賃と急行料金で夜行バス価格程度の企画きっぷを設定すれば、充分(他の交通機関と)戦えるだろうに。

勿論、快適移動を求める人にはグリーン車や寝台車って選択も出来るし、そういった座席選択の多様性が、「きたぐに」の存在意義だったはずなんだがなあ。
単純に、新幹線や高速バスの台頭っていうより、そもそも景気低迷で人も物も動かない(正確には動く全体的なパイの減少でみんなが奪い合ってる)からってのが真意ナンじゃねーのかね?

しかし、こうみると、日本て国が年がら年中24時間稼動してる国って海外のイメージは如何に適当かって話だよな(苦笑)
1500円でもいいから3日間有効にしないと(苦笑)
それとか、ターミナル(新木場、天王洲アイル、大井町、大崎)での乗り継ぎ割引があるとか。

てか、基本的に車なのてそもそもwww
五年生存率も八割越えてたし、特に肺癌は再発の可能性があるって話を聞いてたから、今回は全然狼狽してないわたし。
(前回は泣きっぱなし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です